左官の歴史

S邸2

左官とは建物の壁塗りを仕事とする職人のことです。
土やセメントなどの素材を塗ったり、
砂壁や漆喰※仕上げなどの最終的な表面仕上げします。
左官の技術は古来より、人から人へ継承されてきました。
左官の歴史は平安時代からはじまった、と言われていますが
その起源は、人々が竪穴式住居で生活していた縄文時代にまでさかのぼります。

※漆喰…消石灰にふのりや苦汁(にがり)などを加え、糸屑・粘土(ねんど)などを配合して練った塗壁材料です。

◆左官のはじまり

縄文時代、土を生のまま団子状に丸め、積み上げて土塀を作ったのが左官工事のはじまりとされています。
飛鳥時代になり、石灰を使い壁を白く塗る仕上げ技術や細く割った木で壁の芯を作る技術などが開発され、左官工事は発展をはじめました。
安土・桃山時代には、茶室建築に色土が用いられるようになり、土の色を調整する技術が発達し、また砂や繊維を混ぜ、壁に様々な表情を持たせる技術が試みられるようになりました。
江戸時代には、漆喰で壁全体を覆う『漆喰仕上げ』が生み出され、建物の耐火性は向上し、デザイン的にもこれまでのものより、非常に美しい仕上げが可能になりました。

img_page_03_02

◆左官の発展

その技術は、上流階級の文化に使われるだけではなく次第に商人の土蔵や町家へと普及していくことになります。
『漆喰彫刻』というレリーフ状の装飾的施工も行われるようになり、左官技術は芸術的に大きな発展を遂げました。
文明開化後の洋風建築の装飾にも活躍の場を見出し、現在でも左官技術は、新しい素材・工法を取り入れながら日々その歴史を積み重ねています。

左官の歴史

◆現在の左官

左官の技術は、どのような複雑な形状でも自由に形成することができるだけでなく理論上では、いかに広い面積でも継ぎ目のない美しい仕上げが可能です。
現代建築においても“左官にしかできない仕事”が数多く存在しています。
また近年、耐火性能、防水性能、遮音性能、断熱性能などそれぞれに優れた新しい壁素材が生み出されました。
しかし、それらの素材は個々の長所が優れている反面、短所となる部分が大きいということも否めません。
対して、伝統的な左官素材は新素材にはない“バランス感覚”を持っていると言えるかもしれません。
左官工事で施工されたものは、様々な状況に順応できる多様な性能・機能を備えているという点が大きな特徴です。

左官の歴史

◆左官の語源

平安時代に宮殿の建築や宮中を修理する職人を『木工寮の属(さかん)』と呼び、職人を『木工属』に任命して出入りを許可していたところから、「さかん」と呼ぶようになったという説があります。
『属(さかん)』とは、律令制で『かみ』『すけ』『じょう』『さかん』と各官庁の階級を構成した四等官のひとつです。

ちなみに、漢字の『左官』は当て字で、古くは『沙官』『沙翫』と記されていました。
『左官』を「しゃかん」と発音するのは「さかん」の訛りといわれていますが、もともと「沙」の字が当てられていたことから、単なる訛りではないとも考えられています。

左官の歴史

鷲巣左官工業の強み

外壁モルタル仕上げ
外壁モルタル仕上げ

大手ハウスメーカーの仕事がメインなので仕事量が安定しています。仕事が切れることなく収入の不安がありません。

社会保険等も完備していますので、将来設計も立て易く、休みも比較的自由に取れます。健康診断も行っていますので安心して働ける環境が整っています。